三陸農産物ブランド化

岩手県三陸農産物ブランドプロデューサー、岩手県沿岸振興局より委嘱。

今年度は、その小さな芽を見つけて表に出していくような、根気のいる仕事を

しています。

ブランド化というとどうしても最初の入口にばかり目が行ってしまうようですが、

私はブランド化を成功させるためには、マネジメントが肝、と思っています。

作り手はもちろんのこと関わる方が一丸となって、同じビジョンを描くことが大事。

皆、ブランドストーリーの軌跡を描く一員なのです。

先日、生産者さんと私にテレビ番組の密着取材が入りました。

生産者の方には、こだわりと哲学があり、カメラの前でも堂々とインタビューに

答えています。かっこいいです!

そして私はというと、、、。いつも100%ってないんですね。

鍛錬、鍛錬。表現者として、もっと、もっと、磨いていきたいです。




0コメント

  • 1000 / 1000

食のチカラ、農のチカラ

◆食を通じて人と地域を活性 ブランドストーリー  代表 大平恭子 畑から始まる地域振興、人にとっては健康で豊かなライフスタイルを作るために、商品ブランドやメニュー開発、講演・執筆を行っています。 6次産業化プランナーで、野菜ソムリエ上級プロ、アスリートフードマイスター